第23回水道事例発表会MIP賞受賞者発表について

 Most Impressive Presentation賞(MIP賞)は、水道事例発表会への参加意欲の向上を目的として、特に印象的であった事例発表を表彰するものです。
 第23回水道事例発表会はオンライン開催となりましたが、技術部会長を委員長とする「表彰選考委員会」においてすべての事例発表を視聴のうえMIP賞の選考を行い、以下の通り受賞者が決定しましたので、お知らせいたします。

水道技術の継承の取組み
― 会津若松Suidou(すいどう)-aizUP(あいづあっぷ)作戦+(ぷらす) 

会津若松市上下水道局

長谷川 恵一

木材パネルを活用した施設建屋の更新
ー SDGsへの貢献 ー

南会津町環境水道課

星 善介

配水ブロック分析の高度化による有収率向上対策

八戸圏域水道企業団

工藤 頌平

職員用クラウドシステム構築によるモバイル機器の利用

福島市水道局

松本 芳幸

 受賞された皆様、大変おめでとうございます。賞状及び表彰楯は、東北地方支部事務局よりお送りさせていただきますので、今しばらくお待ちください。

発表動画は令和3年11月30日まで配信を予定していますので、みなさまご覧ください。

1+