南東北地区合同訓練〔情報連絡訓練〕の実施報告

令和2年8月25日に、地震災害を想定した南東北地区合同訓練を行いました。

7月に実施した北東北地区の訓練同様、新型コロナウイルス感染症の影響により、給水車の参集訓練は中止となりましたが、福島県支部を被災担当県支部として、他県支部と共同し、電話やメール等を活用した情報伝達訓練を実施しました。

訓練では、福島県内でマグニチュード8.0の地震が発生し、会津若松市及びいわき市で震度6強を観測したと想定。
東北地方支部内各県支部との被災情報確認から始まり、被災担当県支部の福島県支部から断水被害による給水車派遣の要請依頼を受け、東北地方支部から山形県支部および宮城県支部に各6台の給水車を派遣依頼するまでの流れを確認しました。

8月1日から運用開始となっている日本水道協会「地震等緊急時対応の手引き」改訂版や、8月14日施行の東北地方支部「災害時相互応援に関する指針」の新様式を使用することで、発災時における地方支部・県支部間の情報連絡手順を確認することができ、充実した訓練となりました。

地震や水害などにより断水等の被害が発生した際には、会員の皆様の相互協力が不可欠となります。万が一に備え、日頃より「地震等緊急時対応の手引き」や「日本水道協会東北地方支部相互応援協定」等の内容や、非常時の連絡手段等の確認をよろしくお願いいたします。

↑ 東北地方支部事務局での訓練時の様子
↑ 福島県支部事務局の訓練時の様子
0