北東北合同訓練(情報伝達訓練)の実施

令和2年7月16日に、豪雨災害を想定した北東北合同訓練を行いました。

新型コロナウイルス感染症の影響により、給水車の参集訓練は残念ながら中止となりましたが、岩手県支部を被災担当県支部として、他県支部と共同し、電話やメール等を活用した情報伝達訓練を実施しました。

訓練では、台風の影響により北上川が氾濫し、岩手中部水道企業団の浄水場の取水施設が停止、断水が発生したと想定。
岩手県支部から東北地方支部に給水車派遣の要請を依頼し、青森県支部から6台、秋田県支部から5台の給水車を派遣することとしました。

8月1日から運用開始となる、日本水道協会の「地震等緊急時対応の手引き」改訂版の新様式を使用することで、実際にやってみないと気付かない、訓練ならではの発見や課題を抽出することができ、充実した訓練とすることができました。

地震や水害などにより断水等の被害が発生した際には、会員の皆様の相互協力が不可欠となります。万が一に備え、日頃より「地震等緊急時対応の手引き」や「日本水道協会東北地方支部相互応援協定」等の内容や、非常時の連絡手段等の確認をよろしくお願いいたします。

↑ 東北地方支部事務局内での情報収集の様子
↑ 被災担当県支部の岩手県支部(盛岡市上下水道局)の訓練実施の様子

1+